Between Stimulus and Response
岡田英雅   




学習方法の試み





ノート作り・予習・復習(リーディング)


 鉄 則  英語の勉強に迷ったらとにかく暗唱できるくらい音読する

  英読ノート作りの要点  

1.英語も日本語も一行以上あけて書く.

2.調べた単語は出来るだけ発音記号と品詞も一緒に書く.

3.模範の訳を聞いたら(消しゴムを使わずに)赤ペンで直す.

4.解説や板書内容は右下や左上(英語で本文を書くところ)の余白部分に書く.

5.なるべくカラフルに書く.

                                                                

     【ノートの見開き】 

 

英語の本文

 

調べた単語

 

日本語の訳

 

板書・解説







                  【実際の予習ノート(中1)】

 


 

  予習の手順  

1.「学習のポイント」を熟読してこれから勉強することを確認する.

2.本文にサッと目を通し,全体の内容を確認する.

3.CDを2〜3回聞く.CDを参考にしながら4〜5回音読する.

4.ノートを作成する:本文を書き写す → 単語を調べる → 訳を作る.

 

  復習の手順  

1.書き込みの無い教科書を見ながらCDを2〜3回聴く.

2.CDを聴きながら授業で学んだことを思い浮かべる.

3.ノートを開き授業で学んだことを確認する.

4.忘れていた部分は色ペンでしるしを付けたりしてノートを整理する.

5.覚えにくい部分は別紙に声を出しながら何度も書く.

6.最後に暗唱できるようになるくらい英語を音読する.

 

   授業外  

NHKで放送されるラジオやテレビの英語講座を積極的に活用しよう.中学生にお勧めなのが,『NHKラジオ 基礎英語』シリーズ.テキストは大きな書店に行けば簡単に手に入りますし,ラジオ放送が聴けない場合には放送内容が入ったCDも購入することが出来ます.年間購読すれば自宅に郵送してもらえます.数多くの優秀な先輩達がこの講座で勉強していました.








                ←前のページ 2 次のページ→ 

 

   

Copyright(c)2009 Hidemasa Okada All rights reserved.