Between Stimulus and Response
岡田英雅   



合格学習記




卒業年度:08年 坂本 佳謙

合格大学:一橋大学(),早稲田大学(政経,商),上智大学(経営)

【中学3年間】

 中学の3年間は全く受験というものを意識していませんでした.大学名もほとんど知らず,第一志望の大学というのも聞いたことがあるだけで決めていました.予習や復習はあまり気にしていませんでしたが,定期テストでは一応それなりの成績をとれるようには心がけていました.

 中学3年間で一番良かったのは,「宿題はきちんとやる」ということだったと思います.宿題は期日を遅れたことはないと思いますし,答えを写すといった行為はしませんでした.出されたものは小テストも含め最低限合格するように努めていました.
 英語に関しては,高校生になってからも,中学の時に覚えた例文を思い出して問題が解けたということも少なくありませんでした.

【高校1〜2年】

 中学3年生の時に成績が下がったために高校1年生の時に,成績を戻そうと思い,多少ですが,勉強への意識を変えました.すぐに成績は元に戻り,英語や古文に苦手意識があったため,高1の1年間で,英語は自分でわからない単語だけをピックアップした単語帳を作って『単語王』を終わらせて,古文も持っていた単語帳を1冊覚え終えました.また,学校で行われていた『英頻』の小テストは後になって大きく役立ったと思います.小テストを毎回きちんとこなしていれば,後に覚えなくてはならない単語や熟語の数を圧倒的に減らすことができ,その分を演習問題や他の教科に割くことができるようになります.この時に勉強の意識が変わったのは兄が受験でその姿を見ていたからというのもあったかもしれません.

 高2になると,選択科目が大体決まるため,少しだけ大学受験を意識して夏あたりからは最も苦手としていた社会(私の場合は日本史)を少しずつ勉強するようになりなした.この時は英語は熟語帳をやっていたと思います.とりあえず高3までに単語や熟語といった基本的な単純暗記作業は終えていなければという考えがありました.

【高校3年】
 高2の夏から日本史をやってはいましたが,社会は全般的に苦手だったためあまりできるようにはならず,確か日本史は高3になった時にセンターの過去問でやっと70点前後をとれるようになったくらいでした.

 高3になってからは英語は基本的には授業中心で,数日に一回程度長文の実践問題を解き,ちょっとした暇な時間に高1の時作った単語帳を見返して忘れている単語はないかチェックする程度でした.

 国語は特に何もやらず,数学も普通に学校のある日は何もしておらず,ただ私は文系ですが夏休みには一気に理系用の数学の問題集を1冊やりきりました.

 高校3年の時を振り返ってみると,ほとんどの時間を社会に費やしていたと思います.

 英語のことに関しては,岡田先生の授業をしっかり聞いていれば,文法的なことはマスターできると思いますので,あとは自分で単語や熟語を補いさえすればある程度は問題なくできるようになると思います.

【センター以降】
 センターで大失敗をしたため,少々戦意喪失ぎみではありましたが,私立に的を絞り,現浪で差が付くと言われる社会を,センターが終わったあとに1冊参考書を買って完璧に仕上げました.私立の試験が終わった後も一応国立にも望みをかけて記述用の日本史の参考書である『日本史論述明快講義』をやり続けました.この参考書は東大や一橋などの社会が長い論述の学校の対策には最適だと思います.英語に関しては,予備校で出された予想問題を復習し,一橋は長めの自由英作文が特徴的であるために,自分で,単語数を稼ぐことのできる文を考えたりしていました(例としては,Of course, it is up to each individual to decide what is 〜, but I think that 〜 is...:「〜が何かということはもちろん各個人が決めることであるが,私は〜は・・・だと思う」やThe most important thing is to make people all over the world happy. :「最も重要なことは世界中の人々を幸せにするということです.」等の文).一橋の英作文は毎年傾向が似通っていますので,上記のようなどのような話題が出題されても応用できるような文を考えておくことをお勧めします.これをしておけば,文法的な間違いを犯す可能性も減りますし,文を考える時間も減り,解答時間の短縮にもつながります.この例文を考えておくという対策は東大志望の方にしていただいても損はないと思います.

【最後に】

 私は元々東大志望でセンターで失敗したために一橋大に切り換えたのですが,やはり受かることができたのは目標を高めに設定していたからだと思います.目標を高く持っていれば,いざという時に切り換えても応用が利くと感じました.なので,受験生の皆さんには,目標は高めに持ってもらいたいです.受験では何が起こるかわかりません(D判定やE判定で受かったという人は結構周りにもいます)ので,とにかく諦めずに頑張って下さい!

 
 

miscellaneous thoughts

「中学3年間で一番良かったのは,『宿題はきちんとやる』ということだったと思います」

さすが坂本君.宿題をきちんとやるというのは,合格のつぼみを大事に育てていくようなもの.6年後には大輪の花を咲かせます.

中学生のうちから志望大学が決まっていて,やる気満々で6年間過ごせればそれに越したことはありません.でも,なかなかそうはいかない.そこで登場するのが「習慣の力」です.やる気が出るのを待っていたら6年なんてあっという間に終わります.やる気に頼るんじゃなくて,習慣を先に作ってしまうんです.お風呂に入った後で「しまったあ,洗い忘れていた箇所がある」なんて入りなおすことはありません(笑).「宿題をきちんとやること」は身につけるのに苦労する習慣ですが,それだけにものすごい価値がある.始めに良い習慣を作って,次にその習慣に良い自分を作ってもらうという作戦です.

 「やる気が出るようになる習慣」も作っちゃえるといいんですけど.面白そうですよね.僕は試行錯誤しながら実験中.「いつ何を食べたらやる気が出るか」なんてね(笑).

 中学の時にきちんと勉強する習慣を身につけ,それを基盤にして受験勉強に入って行く.ここが肝心.何と言っても難関国立大はバランス勝負.高3の段階で苦手科目が多すぎるとにっちもさっちもいかなくなります.

 坂本君は,自分で弱点を見つけてそれを克服しています.「何が出来ないから駄目なのか」が自分で分かる人はテキパキと弱点を克服していきます.その一方で,いつも他人に指摘されている人はあまり上手に克服できません.どうしてでしょうね.何となくは分かりますけど….

 僕は坂本君にずっと嫌われていると思っていました.だって,僕を見ると怯えたような表情をしていたんです.でも,今年(09年)の巣園祭で挨拶に来てくれて,そうじゃないことが分かりました.それが最近僕の身に起こった一番嬉しい出来事の1つです(笑).





← 前のページ  15 次のページ →

   

Copyright(c)2009 Hidemasa Okada All rights reserved.