Between Stimulus and Response
岡田英雅   


東大要約対策

 東大英語の要約問題に苦しむ人は多い。要約問題が不得手な人は段落整序の問題も苦手です。裏を返せば,要約ができればそれに付随する問題はほとんど解決します。
 「人は何故言葉を紡ぎ出すのか」という根本に戻って要約を考えていきます。添削指導の内容は先輩達の感想を読んでください。
 授業担当でなくても,熱意のある人には添削指導します。少しでも,要約問題で苦しむ人を助けられれば嬉しく思います。

 

卒業年度:09年 高山 正行

合格大学:東京大学(理T), 慶應大学(医)

感想】

20092月「高2東大レベル模試(駿台)」,8月「第1回東大即応オープン(河合)」の英語で,要約は1点とか0点にしかならなかった。「何とかしたい」と思ったとき,

「岡田先生の要約の添削はすばらしい!!」

と先輩から聞いた。とりあえず仲間数人と直接岡田先生にお願いしたところ,快く引き受けてくださり,10月半ば頃から始動した。

 まず,英文の構造を完全に把握することから教わった。一つ一つのセンテンスの役割がわかった上でないと,正しい要約は不可能だからだった。岡田先生に初めてこのことを教わったときは目から鱗だった。ほとんどの英文はただ読み理解するだけで済ませていた僕にとっては新鮮だったのだ。
 この個人指導ではフローチャートを作り,「英文構造の解釈の痕跡」を残した上で要約し提出するのだが,「文の役割」というものを考えてこなかった僕には,まともなフローチャートがかけるようになる
(役割を理解する)までかなりの時間がかかった。ヒドイときには文章の内容すらつかみ損ねていた。英語独特の表現方法もわかっていなかった。
 このような苦労を重ね,何度も書き直して岡田先生に添削していただくうちに,ある段階からは大雑把に構造を理解し,精度の高いフローチャートが書けるようになった。要約もかなり早く正確に書けるようになった。どんどんセンスが磨かれ,見事に本番にピークを合わせることができた。

 僕が東大を受験したときの要約の問題文はかなり長く,具体例を交えつつある主題を指定した上での要約が要求されていた。実に情けないことだが,この指定を僕は見事に見逃していた。しかし実際には満点に近い出来(岡田:駿台による再現答案採点の結果)であったようだ。不思議に思えるかもしれないが,おそらくこの出題に際しての指定は,文の役割を理解していれば自然に導かれる要約の形を一部ヒントとして提供したものだったのだろう。

要するに,文の役割を理解して要約すれば,要約内容の方向性はほぼひとつになってしまうのだ。

 蛇足だが,このような読み方は要約に役立つだけではない。慶応義塾大学医学部を受験したとき,長文問題の英文の流れが取りにくく,あきらめようかと思った。そのとき,この方法に切り替えたとたん,一度に理解が広がり,問題が急にやさしく見え始めた。

結局,本格的に文章を読みこなす,となると必ず必要な作業なのだ。現代文を読む際にも(特に東大現代文),そして論文を書く際にも応用が利く読み方だから,是非とも身につけたいものだ。

 無意識に文の役割を考えながら読む,という段階にまではさすがに至らなかったが,これから先も自分で文を読んで実践し,磨いていきたいと心から思う。

すばらしい英語の論理の世界へと導いていただいた岡田先生には心から感謝しています。本当にありがとうございました。そして後輩諸君にもこのような英語の論理を進んで勉強してみることをおすすめします。



   次のページ→
 

   

Copyright(c)2009 Hidemasa Okada All rights reserved.